• 2015/04/23

【動画レビュー】HONDA ヴェゼルの試乗インプレッション評価まとめ

ベストパパニストドットコムでは週末の貴重な時間を利用し、最高のファミリーカーを求めて試乗インプレッションを行っ […]

ベストパパニストドットコムでは週末の貴重な時間を利用し、最高のファミリーカーを求めて試乗インプレッションを行っている。今回、ヴェゼルが非常にいいという評判を聞きつけ、編集長とスタッフでホンダのショールームに足を運んだ。

スポンサーリンク

HONDA ヴェゼル HYBRID X インプレッション

日本では常に燃費のいいSUVは非常に注目されている。
なにせパパもママもSUVが好きな方は多いのではないだろうか。
私の世代30代のユーザーやファミリー層には気になる車だ。

では、人気の理由は何か?

SUVということであれば、「燃費のいいSUV」が待たれていたと考えるべきだろう。

燃費のいいSUV

27.0km/LのJC08モード燃費を誇るハイブリッド仕様での購入が86.3%を占めるという。
そりゃそうだろう。新車購入して5万キロ乗ると考えるとベンツあれば5万キロでのガソリンにかかる費用が約300万と言われているが、ハイブリット車で考えれば5万キロ乗ればガソリン費用はなんと約80万というから驚きだ。

試乗したのはハイブリッドのFFモデル。
中央に速度計、向かって左にシフトポジションとパワーメーター、右にハイブリッドシステムの作動状況を表示するディスプレイが配置される空調やカーナビをタッチパネルで操作、スマートフォン的な扱いやすいインターフェイスになっている。

ヴェゼル HYBRID Xの試乗動画レビュー

カッコよくて楽しい空間

カッコよくて楽しい空間エクステリアデザインはシンプルで適度な高級感
背の高さを感じさせない軽快な運動性能
少し固めの足回りはホンダらしい。好き嫌いがあるかと思うが私は少し固めの足回りが好きので非常に好印象だった。
高速コーナーは安定した姿勢でクリアし、タイトコーナーも軽快に駆け抜ける。スポーティな足まわりである。
反面、後席では路面からの突き上げがキツく感じられる。世の奥様や女性には好き嫌いがでるかもしれない。

シフトセレクターの根元付近にある「SPORT」ボタンを押すと、青かったメーターの縁が赤くなり、ハイブリッドシステム表示していたディスプレイが回転計に変わる。
そしてエンジンが主役の、スポーティな走りへチェンジしてしまう。
ホンダはやはりアクセルを踏むととても楽しいクルマというところはハイブリットになっても変わっていない。

フィットと共通のセンタータンクレイアウトのため、車内は予想以上に広く感じる
特に後部座席が広い。これはプリウスαにも引けをとらない後部座席のゆとりだ。
大人4人が余裕を持って乗車することができるし、荷室も広い

約30km/h以下で作動する自動ブレーキ(シティブレーキアクティブシステム)安全装備も備えているし室内は広くてよく走る。
そして燃費が良いとなれば人気は必然である。

実用車としてカッコよくて運転が楽しいスペシャリティカー、広々としたミニバン、タフなSUVと、使い方によっていくつもの表情を見せる、まさにクロスオーバー車の筆頭に君臨するクルマだろう。
ワンランク上のライフスタイルにベストパパはハイブリットSUVをライフスタイルに合わせて乗りこなしてほしい。

ヴェゼル HYBRID Xのスペック・機能

ヴェゼル HYBRID X スペック情報

価格(新車) 225~275万円
全長×全幅×全高 4,295mm×1,770mm×1,605mm
ホイールベース 2,610mm
車両重量 1,280kg
駆動方式 FF
エンジン 1.5L直列4気筒DOHC
システム最高出力 112kW(152ps)
トランスミッション 7速DCT
リチウムイオンバッテリー容量 5.0Ah
JC08モード燃費 26.0km/L
価格(新車)
225~275万円
全長×全幅×全高
4,295mm×1,770mm×1,605mm
ホイールベース
2,610mm
車両重量
1,280kg
駆動方式
FF
エンジン
1.5L直列4気筒DOHC
システム最高出力
112kW(152ps)
トランスミッション
7速DCT
リチウムイオンバッテリー容量
5.0Ah
JC08モード燃費
26.0km/L

ヴェゼル HYBRID Xの試乗評価(※ベストパパニスト編集長評価)

ベストパパニスト編集長評価
※各セクション5段階評価

乗り心地:4、足回り:5、加速/馬力:4、安全性:3

ベストパパニスト編集長評価(S、A、B、C) Aランク
価格帯 3
デザイン性 5
足回り 5
燃費 5
操作性 5
リアシートの広さ 5
走る楽しさ 3
内装 オプション充実度 3
使い勝手 4
ベストパパニスト編集長評価(S、A、B、C)
Aランク
価格帯
3
デザイン性
5
足回り
5
燃費
5
操作性
5
リアシートの広さ
5
走る楽しさ
3
内装 オプション充実度
3
使い勝手
4

(※5段階評価)

【クチコミ】ヴェゼル HYBRID Xで盛り上がるみんなの声


ヴェゼル HYBRID Xを中古車から探す

ヴェゼル HYBRID X スペック情報
中古車から探すならなびくる+のような中古車提案型サービスを利用することをオススメする。

中古車提案型サービスを使えば市場には出回らない良質な非公開車両も優先的に紹介してもらえる

【?】なぜ公開されない車両があるのか?
買い取ってすぐに販売されるわけではありません。
買取車両は登録された後、点検・整備を行なったうえで、ローン完済や所有権移転など各種手続きを済ませる必要があり、インターネット上の公開まで一定期間が必要になります。

良質なヴェゼル HYBRID Xを中古車で探そうと考えている方は非公開車両も含めて検討してもらいたい。(⇒参考:なびくる+

【BEST PAPA SKILL】
中古車探しは非公開車両も含めて検討する

希望・要望に合った中古車をあらゆるメーカーやタイプの中から厳選して紹介してもらえる

ヴェゼル HYBRID Xは良い車である。しかしながらあなたが車に求めているものは本当にヴェゼル HYBRID Xなのか?
世に出回るあらゆる車のスペックをチェックした上でヴェゼル HYBRID Xの判断を下しているのだろうか。
自身の満足度、家族の満足度を満たす使命を背負ったベストパパたるもの購入理由が「なんとなく」ではナンセンスだ

具体的な車種のご希望はもちろん、漠然とした欲しい車のイメージでもお探しできます。
希望・要望に合った中古車をあらゆるメーカーやタイプの中から厳選して紹介してもらえる
なびくる+

よりよい中古車選びのためにも、自分の求める条件だけを伝え、色々な中古車を提案してもらうこともぜひ活用すべきである。
先入観によりチェックしていなかったメーカーや車種が意外にも本当に求めているものに近い場合もあるだろう。
より満足度の高い中古車購入を実現するためにもあらゆる可能性をしっかりと判断してくことは忘れてはいけない。
中古車お探しサービス

次のページは「ヴェゼル HYBRID X 写真一覧

スポンサーリンク

関連記事

ミニクーパーS試乗【動画レビューあり】

2001年、BMW傘下に収まり新生「MINI」が登場したのは

交通情報を確認する様々な方法

とにかく日々、渋滞や道路上のトラブルを避けたい私が交通情報の

一番早い渋滞情報を知る方法とは

どんな状況でも渋滞に阻まれるのイヤだ なるべく早く渋滞情報を

トヨタエスクァイア ハイブリッド試乗【動画レビュ・・・

TOYOTA エスクァイア ハイブリッド 編集長インプレッシ

車上荒らし対策を一挙公開!最新盗難手口や傾向は?

現在、ベストパパニストドットコムには愛車の盗難対策はどうした

残クレで最新車を購入!?

ベストパパニストドットコムでは、たびたびファミリーカーの試乗

マツダデミオクリーンディーゼル試乗【動画レビュー・・・

ベストパパニストドットコムでは週末の貴重な時間を利用し、最高

一流芸能人が乗るファミリーカーを参考にしよう!

私自身、クルマを買い替える時のきっかけは様々あると思うが、

スポンサーリンク

NEW POST

掲載作品の映画化で話題のcomico(コミコ)、その使い方&楽しみ方を分かりやすく解説!

オリジナル作品「ReLIFE」が映画化されたことでも話題のc

BUYMA(バイマ)をわかりやすく解説!よりおトク&上手に使う方法とは?

BUYMAは海外のショップの商品を購入することができる便利な

3分で分かる話題のメルカリの使い方!不要品を売って臨時収入をゲット!

要らないけど、捨てるのはなんだかもったいないな〜なんてモノ、

女性に人気のフリマアプリ『フリル(FRIL)』の登録方法から使い方までを超分かりやすく解説!

山田孝之さんがCMキャラクターとして登場し注目を集めた人気の

人気&話題のネスカフェアンバサダーを無料で使ってさらに景品もゲット!

ネスレがコーヒーマシンを提供してくれるサービス、ネスカフェア