Search記事の検索はこちらから。

103万円の壁を知る 税金基礎知識を学ぼう。

今の若い世代の家庭では、ほとんどの方が共働きで生計をたてているのではないだろうか。

しかし、子宝を授かるまではこれが可能であっても、出産を機に正規ではなく、非正規の働き方や、パート、また、専業主婦の選択をしたり色々環境は変化していくこととなる。
そこで、今回は巷でよく聞く『103万円』の壁についてお伝えしたい。

例えば、パートで収入を得ると選択をした場合『年間の収入が103万円を超えないようにしないといけない』との認識が一般的に広まっており『この金額を上回ってはいけない!』と調整に追われている方も少なくないかと思われる。

しかし、そうではないのである。

配偶者控除を考慮?103万円以上でも控除対象になる

今回は、所得金額といわれる税金の細かい話は抜きにして分かりやすく収入金額だけで掲載していこうと思う。

いわゆる『103万円』の壁というのは、所得税に関わる一定の金額であり、この金額以下に抑えれば、

主たる稼ぎ頭の所得税法上の扶養(配偶者控除)を受けることができる金額なのである。

『やっぱり103万円以下にしないといけないじゃん!』と、ツッコミを入れられたかと思うが、所得税法上の配偶者控除には、103万円を超えても適用できる配偶者特別控除というものがある。
103万円を超え、141万円以下までなら控除額は徐々に減るものの控除対象とはなることができる。

それなら『141万円ぎりぎり稼いでも大丈夫じゃないか!』。
そうとは言えないのである。

先ほども記述したとおり、収入が141万円に近付くほど控除額は減るため、節税効果は薄くなる。
かつ、これから書くことを加味しないとせっかく汗水流して働いたお金が無駄になってしまうかもしれないのだ。

無駄を無くす!2つのボーダーライン

まず1つめが、

社会保険の扶養を受けることができる限度額が存在

社会保険での被保険者の扶養を受ける限度額は収入『130万円』なのである。
つまり、所得税だけ考えて働いてしまうと、この社会保険の扶養から外れ、自ら社会保険料または、国民健康保険料や年金を支払わなければいけなくなる。
収入や年齢により差はあるが、だいたい2~3万円ほどが月々に掛かってくる。
年にすれば…すぐイメージできたであろう、軽く30万円ほどのお金がマイナスとなってしまうわけだ。
ここは、非常に大きな負担となるので注意したいところである。

もう1つが、住民税の存在

これにも所得税の同じく配偶者控除を受けられるわけであるが、これには、住民税独自の控除額が決められており、所得税よりも控除額が少なくなるのである。
細かいことは今回掲載しないが、そのラインは収入『98万円』となる。
配偶者特別控除の金額も準じて少なくなるため、一切税金をかけたくないなら、この金額も頭にいれて調整してもらいたいところ。

関連記事

アメリカン・エキスプレス・カードのグリーンが人気・・・

誰もが満足! アメリカンエキスプレスのステータスとサービスに

扶養控除等申告書とは何か?

この扶養控除等申告書というものは、漢字だらけで小難しい書類と

ダイナマイトクーポンあり!毎日正午にグルーポンの・・・

ダイナマイトクーポンあり!毎日正午にグルーポンのクーポンをチ

源泉所得税を知ろう!

生きている限り、税金からは逃れられない・・・。 ベストパパ成

消費税「等」の「等」とは?

消費税「等」とは、皆さんご存知の通り、私たちが日常の中でモノ

車を下取りに出す前に必ずしなければいけないことは・・・

現在、ベストパパニストドットコムの新車試乗インプレッションか

家計簿アプリ『Zaim(ザイム)』を分かりやすく・・・

レシートの自動読み取りでカンタンに家計簿がつけられて、銀行口

競艇(ボートレース)でスリルと興奮を楽しもう!!

競艇を楽しむために! ルールの説明からおすすめのアプリまで