Search記事の検索はこちらから。

新しくなったMAZDAアクセラはいいクルマかもしれない。

私もつい最近ではあるがついにMAZDA CX‐3を購入した。
非常にいいクルマであることは間違いない。そんな私が非常に気になる情報がある。

あの「アクセラ」が大幅改良されたのだ。これは非常に気になる。ということで簡単ではあるがリサーチしてみた。

MAZDA アクセラ公式サイトはこちら
MAZDA アクセラ公式サイトはこちら

今回の大幅改良は人間の身体感覚に合った自然なクルマの挙動を実現させるべく作られている。
ドライバーや同乗者のすべての方に安心感を提供する新技術「G-ベクタリング コントロール」や
クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」をCX-3同様ノック音自体を抑制し心地よいエンジンサウンドを追及した
ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などを初採用。
人が喜ぶクルマ作りを常に貫き、あらゆる部分を新化させている。

エクステリア

最近のマツダのデザインは超かっこいい!
そう思っているユーザーも多いのではないだろうか。事実、今 MAZDAのクルマは売れているからだ。
「ワイド&ロー」なスタンスを際立たせ魂動デザインと匠塗 TAKUMINURIのさらなる進化により
上質で洗練された存在感とMAZDAが追求する走る歓びの疾走感を表現している。

そう、アクセラも今、ちょっとしたラグジュアリー感で出ている。
以前のアクセラよりも断然いい。

ついにアクセラにもクリーンディーゼルエンジンを搭載

これが非常に大きなメリットだろう。アクセラクリーンディーゼルだ。
これはもう必ず一度試乗した方がいい。SKYACTIV-Dはクルマ好きをうならせる最高のエンジンだ。
そして、マツダのクリーンディーゼルは進化し続ける。
目指したのは、「走る歓び」を感じることが出来る、世界一のエンジンだ。

スカイアクティブダイナミックスとは

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾として、世界一のエンジンになるためステアリング操作にエンジンが反応する「G-ベクタリング コントロール」をMAZDAは初採用している。
さまざまなシチュエーションで、オン・ザ・レール感覚の理想的なドライバビリティを実現している。
つまり、MAZDA最新バージョンのエンジンがクリーンディーゼルに搭載しているということだ。

MAZDA独自に追及された理論的なインテリア

人に触れる部分ひとつひとつの質感を研ぎ澄まし、上質でスポーティーな空間を実現。
左右の広がりと前後方向のスピード感を強調した「ワイド&ロー」のこだわりは、室内にも随所に表れています。

ドライビング

刻々と変化する路面状況をクルマが検知し、最適な駆動力を4輪に配分する〈i-ACTIV AWD〉。
走破性能だけでなく燃費性能を極めて高いレベルで両立することに成功している。
あと私も経験済だが新エンジンはかなり静かでトルクがあり、少ない回転数でもパワーを発揮してくれる。
そして、燃費がよく、軽油の値段もリッター90円台はお得としか言いようがない。

セーフティ

事故を未然に防ぐアクティブセーフティ技術と、衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ技術を高いレベルで制御する〈i-ACTIVSENSE〉をさらに強化。より多彩な安全技術を搭載した新グレード「PROACTIVE」も新たに設定した。
もっともっと、人とひとつになるクルマをというMAZDAスピリットのすべてをアクセラに投入した。
人馬一体を究極なまでに体現したMAZDAが目指す走る歓びのベンチマーク。これがアクセラだ。

車体価格

乗車定員:5名
駆動方式:2WD/4WD
価格:1,760,400円~(税込)
トランスミッション:6EC-AT/6MT
ボディタイプ:ハッチバック /セダン
エンジンタイプ:ディーゼル/ガソリン/ハイブリッド
燃費(国土交通省審査値):JC08モード 17.8~30.8km/L

ベストパパ評価

★★★★★

編集長評価

私もCX‐3ユーザーだが、最近のMAZDAクオリティが半端ではない
とくにクリーンディーゼルエンジン搭載の車種に関しては気になるのであれば必ず試乗することをオススメしている。特にクルマ好きな方は特にだ。
一度アクセルを踏めば、絶対に、絶対に気に入ること間違いない。
そして、今回アクセラクリーンディーゼルの大きな魅力は170万円あたりという価格設定だ。
正直、このアクセラ。ヒットするんじゃねーかと個人的には感じている。

関連記事

法人用ETCカードが意外とアツい!

パパニストの中には、自身で会社や事業を経営している人も多いは

一番早い渋滞情報を知る方法とは

どんな状況でも渋滞に阻まれるのイヤだ なるべく早く渋滞情報を

残クレで最新車を購入!?

ベストパパニストドットコムでは、たびたびファミリーカーの試乗

現在のETC割引事情とは!?

ETCというシステムが高速道路で適応されてもう10数年が経過

トヨタエスクァイア ハイブリッド試乗【動画レビュ・・・

TOYOTA エスクァイア ハイブリッド 編集長インプレッシ

ミニクーパーS試乗【動画レビューあり】

2001年、BMW傘下に収まり新生「MINI」が登場したのは

交通情報を確認する様々な方法

とにかく日々、渋滞や道路上のトラブルを避けたい私が交通情報の

型落ちを狙え!人気車プリウスを一番安く手に入れろ・・・

新型プリウスの発売が決まる。型落ちプリウスが絶好の買い時 ク