Search記事の検索はこちらから。

ソリティアの遊び方とは!

ソリティアの遊び方とは!

ソリティアというゲームを知っているだろうか?意外と知られていないゲームだ。
今回はソリティアの楽しい遊び方を徹底解析しようと思う。

そもそもソリティアって何なんだろう?

ソリティアを簡単に言えば一人で遊ぶことがきる盤上遊戯やカードゲームの総称を示す。
ルールはっきりいって超簡単だ。

おすすめソリティアゲームはこちら

まずジョーカーを除く52枚のカードをシャッフルして
裏返した状態で左から順番に1枚、2枚、3枚、4枚、5枚、6枚、7枚と7列に並べる。
その7列は番札と呼ばれ、残りのカードは山札と呼ばれ、親がひとまとめにしておく。
それとは別に組札と呼ばれる4つ分のスペースを用意しておく。

上記の状態が完成したらゲーム開始だ。
ここからはソリティアのやり方を詳しく解説していこう。

ソリティアの遊び方とは!

ソリティアの進め方

はじめに番札の各列先頭にある1枚を表向きにする。次に山札から決められた枚数をめくる。

めくった札はめくられた順番に上へ積み重ねていく。1番上にくる札を使う。

めくられた山札の1番上または場札の中で表向きになっている札で、
他の場札の先頭に置かれている札と色が違い、置こうとしている列の先頭の札の数字より1つ小さい場合にのみ
その札を場札の先頭に繋げることが可能にななるのだ。

そのため場札の中で表向きになっている札は、黒と赤が交互に並んでいる。
手前に進むにつれて1ずつ番号が減っていくという形になる。

場札の先頭に札が無くなった場合はどうするか?

場札先頭の表向きの札がなくなってしまった時には、裏向きの1番手前にあるものをめくることが可能になる。
札がなくなった列にはKの13の札を任意で置くことが可能だ。
そのためKに札が繋がっている場合には、そのまま列ごと移動させるというわけだ。
最後には、赤K→黒Q→赤J→黒10からの〜赤Aか、またはその逆の色の組み合わせもしかりだ。

組札には同じスートごとにAからKの順に、めくられた山札の1番上または場札の表向きになっている部分を先頭に札が置ける。
このローテーションで52枚すべてを組札に並べられれば成功となる。

なんか説明をみていると難しいんじゃないか・・・・と思われがちなソリティアではあるが
ソリティアのルールはぶっちゃけ一度遊んでみるとすぐにやり方は覚えられる。心配は特にないはずだ。
一人遊びができて頭も使うのでいいトレーニングになるだろう。

関連記事

クラチャイダム100%含有 ~高品質のクラチャイ・・・

クラチャイダムゴールド ~高品質のクラチャイダムをお探しの方

【大型自動2輪取得検討の方へ】ブランクがあっても・・・

さあ、いよいよ大型自動二輪免許取得に向けた教習がスタートした

現在のETC割引事情とは!?

ETCというシステムが高速道路で適応されてもう10数年が経過

ヤフオクのポテンシャルを最大限に引き出しお得に買・・・

ヤフオクのポテンシャルを最大限に引き出しお得に買い物をする方

ダイナマイトクーポンあり!毎日正午にグルーポンの・・・

ダイナマイトクーポンあり!毎日正午にグルーポンのクーポンをチ

人気のマインクラフトで遊ぼう!

人気のマインクラフトで遊ぼう! マインクラフトはとても面白い

喪中はがきと年賀状について

意外と知らない!?年末年始のご挨拶。 年賀状の書き方から喪

主婦に人気のカタログ通販のセシールでお買い物しよ・・・

主婦に爆発的人気のある通販サイト、セシールのカタログ通販をご